2014年1月29日水曜日

シルクロードS、根岸S…展望

シルクロードS









アイラブリリ…古川
アフォード…中舘
サイレントソニック…武豊
サドンストーム…国分優
シュプリームギフト…秋山
ストレイトガール…吉田隼
テイエムオオタカ…和田
ビウイッチアス…岩田
ブリンセスメモリー…後藤
プレイズエターナル…浜中
マジンプロスパー…C・デム
レオンビスティー…バルジュ
ローガンサファイア…未定
レディオブオペラ…藤田


毎年荒れるハンデ重賞ですけど、今年はどうか…人気は一気に駆け上がってきた牝馬2頭。レディオブオペラは逃げて1分7秒台のレースができるんだから強いですね。しかし来週からBコースに替わり差しが決まる馬場に…荒れる時は外から穴馬が来るイメージですね。ですのでレディオブオペラでテッパンみたいな空気になってますけどどうなんですかね?牝馬の成績もそこまで良くないので、1回ここは様子見にしてもいいかもしれません



根岸ステークス












アドマイヤサガス…池添
アドマイヤロイヤル…四位
ウォータールルド…田中勝
ゴールスキー…柴田善
シルクフォーチュン…横山典
スノードラゴン…大野
スリーボストン…北村友
セイクリムズン…北村宏
ダノンカモン…三浦
テスタマッタ…田辺
ドリームバレンチノ…内田
ノーザンリバー…蛯名
バーディバーディ…ベリー
ベストウォーリア…戸崎


去年、一昨年と追い込みが決まってますのでファンの方は「後ろから行く馬がいいのか」など錯覚しますが無難に前に行く馬で勝負したいレース。
と言っても狙いたい馬がいないですね…アドマイヤロイヤルは力はあると思いますが、展開がハマらなかった時は馬券から飛ぶ可能性があって本命にはあまりしたくないんですよね
あとは結構後ろから行く馬が多くて狙いにくいですね…
あとドリームバレンチノは岩田騎手じゃなくて内田騎手なんですね。一週前も岩田騎手が調教に跨っているのに…ストレイトガールに先約があったのかと思ったら吉田隼人騎手になってるし…なんか複雑な大人の事情がありそうですね。

2014年1月21日火曜日

京都牝馬S、AJCC、東海S…展望

京都牝馬ステークス

アドマイヤセプター…ギュイ
ウリウリ…浜中
エアジェルブロワ…武豊
クラウンロゼ…和田
コスモネモシン…未定
コレクターアイテム…秋山
ゴールデンナンバー…横山典
ドナウブルー…福永
ノボリディアーナ…幸
ノーブルジュエリー…ルメール
プリンセスジャック…北村友
マコトナワラタナ…川田
ミッドサマーフェア…四位
ローブティサージュ…岩田


波乱も十分見込める牝馬重賞。過去の結果を見ると順当か波乱のどちらか。今年は波乱と見たい!


過去の5年勝ち馬
2013年…ハナズゴール
2012年…ドナウブルー
2011年…ショウリュウムーン
2010年…ヒカルアマランサス
2009年…チェレブリタ

この5頭全てに共通する条件は
4歳馬!!
やはり牝馬のマイル戦という事もあり若い牝馬の方が走りますね。

今年の該当馬は
ウリウリ…浜中
クラウンロゼ…和田
コレクターアイテム…秋山
ノボリディアーナ…幸
プリンセスジャック…北村友
ローブティサージュ…岩田

以外と多いじゃないか
しかし人気のドナウブルー、ゴールデンナンバーには該当しない条件で、オッズ吟味は十分。恐らくドナウブルーが引退レースという事もあり1番人気。

では、この3歳馬の中で1番購入したいのはどれか?

私が狙っている穴馬はコノ馬
前走※着だが勝ち馬との着差はほとんどない。クラシックでも安定した成績を残していたし、京都のマイル戦は※※騎手にとって庭。舞台替わりで一発の可能性十分。必ず購入したい穴馬

AJCC

ヴァーゲンザイル…三浦
ヴェルデグリーン…田辺
ケイアイチョウサン…横山典
サクラアルディート…ベリー
サダムパティック…戸崎
サトノシュレン…ブノワ
サムソンズプライド…横山和
ダノンバラード…後藤
ダービーフィズ…蛯名
トゥザグローリー…ルメール
フェイムゲーム…北村宏
マイネオーチャード…柴田大
マックスドリーム…未定
レッドレイヴン…柴田善

例年そんなに荒れる印象がないんですが、今年は大混戦ですね。恐らくヴェルデグリーン、ケイアイチョウサンが人気になるかと思いますが、先週の中山芝は先行天国…追い込み一手のこの馬達はどうなるか。しかし中山の芝は女心と同様変わりやすい。土曜日の傾向に要注目ですね!

この中で狙っている馬が1頭います!それはこの馬…

前走は大敗もメンバーがメンバーだけに仕方ない。4コーナー手前ではもしやと思える手応えでしたが伸びず…今回は絶好の条件に変わり、乗れている※※騎手なら頭まである!!できれば内枠がいいですね

東海ステークス

イッシンドウタイ…未定
グランドシチー…ギュイ
グレープブランデー…浜中
ケイアイレオーネ…幸
サトノプリンシパル…川須
スタッドジェルラン…池添
ソリタリーキング…福永
トウショウフリーク…武豊
ドコフクカゼ…岩田
ナムラタイタン…太宰
ナムラビクター…柴山
ニホンピロアワーズ…酒井
マイネルバイカ…松山
ロイヤルクレスト…古川


恐らくニホンピロアワーズ1本被りになりそうなメンバー構成。確かに東京大賞典3着は胸の晴れる成績ですが・・・覚えてますか?私が来年のJCDが中京1800mが舞台のチャンピオンズCに変わる。それを踏まえてJCDでニホンピロアワーズを穴に推奨した理由が「陣営は左回りは走らないこの馬の能力からも今年最後のJCDは何が何でものハズ。」と言った事を。

陣営は「左回りの川崎記念大敗は馬場が悪かったせい。調教でも左回りは問題ないので、今年のチャンピオンズCの為にも走らせておきたい」と言っていますがどうでしょうか…

ただ抜けた馬がいないのも事実…

私が狙っている穴馬はこの馬
前走が見せ場十分の内容。※※歳になってもまだまだ元気で、56キロは大きなプラス材料。もう一発もあると思っています

2014年1月15日水曜日

京成杯、日経新春杯…展望

京成杯

アグネスドリーム…柴田善
アデイインザライフ…横山典
アルバート…戸崎
ウインマーレライ…ベリー
ヴォルシェーブ…内田
エアアンセム…後藤
オウケンブラック…松岡
キングズオブザサン…大野
ディアデルレイ…田辺
デリッツァリモーネ…ブノワ
ピオネロ…蛯名
ビバワールド…田中勝
プレイアンドリアル…柴田大
ホルボッシュ…北村宏
マイネグレヴィル…石橋脩
ラングレー…ギュイヨン


稀にみる好メンバーですね!!
近年京成杯にはメンバーが手薄なイメージがあるんですが、前評判でも結構話されている馬達がたくさんいますのでどこから入ればいいか悩みます

今の中山の馬場は先行馬<差し馬です。フェアリーSも差し馬の1.2でしたからね。

一応前評判ではキングズオブザサンが人気になっています。前走葉牡丹賞は先行して押し切る強い内容でした。脚質は安定してますので軸には最適か

プレイアンドリアルも東スポ杯で2着してますのでこの距離でも問題ないと思います。そろそろ決めないとクラシックなんて言ってらんないですからね。内枠を引けば有力ですが、今の馬場とマッチしてないのは確かです

差し馬に注目となるなら

アデイインザライフ…横山典

アデイインザライフは前走新馬戦で購入していたんですが、直線最後方…その日は先行天国でしたので、半ば諦めていましたが、目が覚めるような末脚で差しきり。三連単9万馬券も穫らせてくれたのでよく覚えています。今回戸崎→横山典はクラシックを見据えての騎乗変更。戸崎騎手にはアラジンがいますからね。横山騎手にはピッタリの馬だと思います

あと穴で注目したいのはこの馬

※※※はやっと念願叶った乗り替わり。※※騎手も上手く乗ってましたが勝負の世界ですし仕方ないですね。まずは前走ホープフルSを見て欲しいんですが最後方から上がり最速で突っ込んで来てるんです。映像を見て頂ければわかるんですが先行天国なのがわかります。エアアンセムもウチをソツなく先行、後2頭は差しでしたがある程度の位置にはいました。恐らく今の馬場には120%あいます。何かトラブルがない限りこの馬を穴馬にあげると思います


あと余談なんですが最近内田騎手が全然乗れていないと思いませんか?人気しても馬券にならないイメージです。あとそれに変わって乗れてるイメージなのが田辺騎手。中山で彼が騎乗する馬はなんか伸びてくるんですよね。つい2、3年前は全く無名の乗れる騎手だったんですよ。トーセンフリージアだっけな…たまに超人気薄で穴をあける穴党御用達の騎手が今や一流騎手…柴田大騎手もそうですがこの世界は何がおこるかわからないですね…田辺騎手は京成杯でディアデルレイに騎乗します。この馬もキレる脚を持ってますので注目です


日経新春杯

アドマイヤフライト…福永
カワキタフウジン…秋山
クラウンレガーロ…三浦
コウエイオトメ…池添
サトノノブレス…ルメール
ステラウインド…幸
テイエムイナズマ…古川
フーラプライド…酒井
ラウンドワールド…岩田
ラブイズブーシェ…武豊
ロードオブザリング…藤田

京成杯とは違い、コチラは手薄ですね…

ザッと出馬表を見ていいと思ったのはアドマイヤフライトですかね…前走はノドの手術で長期休養明け。過去にカレンミロティックを倒しているし、今の京都は先行内枠天国ですので出来れば内が欲しい所。ここでもメンバー的に劣らないでしょう。

逆にラウンドワールドの前走10着と敗因が不明。こういう馬はムラがあるので今回も来ない可能性はなきにしもあらず。

穴で上げたいのが※※※。まだ1600万条件の馬で格上挑戦となるが前走は久しぶりの※※での戦い。結果負けてしまったが、上々の内容だった。今日の追い切りで好タイムを記録!間違いなく購入しなくてはならない穴馬でしょう

2014年1月7日火曜日

シンザン記念、フェアリーS…展望

シンザン記念

アグネスミニッツ…菱田
ウインフルブルーム…和田
カシノヒカル…幸
クリノカンパニー…藤田
シゲルカガ…国分恭
シセイカスガ…松山
セセリ…未定
タガノグランパ…北村友
ニシケンモノノフ…福永
ビップレボルシオン…川田
マユキ…未定
ミッキーアイル…浜中
モーリス…内田博


ミッキーアイルからどうやって購入するか…焦点はそこでしょう。ミッキーアイルの前走は朝日杯より0.5早い勝ち時計での勝利。朝日杯の抽選を通っていれば勝ったのはこの馬だと今でも思っております


浜中騎手もこの馬を離したくないからか「日曜は絶対負けらんないよ…」と呟いてました(笑)


しかしシンザン記念は毎年結構な高配当がつくんですが、今年も穴馬の激走の余地がありそうです。しかしまだ言えません…なぜなら枠が一番大事だからです。今の京都の馬場は内枠しか走らない…そのレベルはミッキーアイルが外枠引いたら再度検討するレベルです


フェアリーS

イントロダクション…北村宏
ヴァンデミエール…大野
エクセレントビュー…内田
オメガハートロック…戸崎
グリサージュ…江田照
ケンタッキーミント…田中勝
シニョリーナ…吉田隼
シーロア…柴田善
スイートガーデン…三浦
タカラジャンヌ…横山和
チャプレット…津村
ニシノアカツキ…ブノワ
ニシノミチシルベ…松岡
マユキ…後藤
ムードスウィングス…田辺
リラヴァティ…蛯名


去年三連単50万馬券をハナ差穫り逃したレース…あの時は悔しいの一言でしたが、すぐになぜ頭で買えなかったのかに切り替え、多くのことを学んだレース


もちろん同じ失敗は二度と踏みません。今年は150%波乱ですので勢いに乗るためにも確実に仕留めたいですね


人気もあまり読めませんがニシノミチシルベ辺りが人気でしょうか。実績ではこの馬が一番でしょうが、それでも威張れる成績ではありません。松岡騎手も当時の乗れる印象からは程遠い騎乗になってしまいましたので、この馬から行くかどうかはまだ十分考える余地がありますね


フェアリーSで穴をあける馬の方式が定まっていない為、あまり穴馬に関しては述べられませんが、今注目しているのはグリサージュ。前走は牡馬のG1朝日杯に出走しましたが大差ない内容。最後までオッズ異常が出てましたので、ここで一発かましてくれそうな予感がします

2014年1月2日木曜日

京都金杯、中山金杯…展望

京都金杯

エキストラエンド…ルメール
オースミナイン…福永
シャイニープリンス…和田
セイルラージ…岩田
ドリームバスケット…川須
トーセンレーヴ…武豊
ネオウィズダム…後藤
プリムラブルガリス…浜中
ブレイズアトレイル…藤岡康
マイネルラクリマ…柴田大
ミッキーパンプキン…秋山
ミヤジタイガ…松山
メイケイペガスター…藤田
レッドアリオン…川田


今年はメンバーが良く
どの馬から行っていいかわからないぐらいの好メンバーです。

開幕週の京都ですので
内枠+先行馬
やはりこれが買いでしょう

しかしそれ以上に
京都金杯で必ず買わなくては
いけないのが岩田騎手

下記は岩田騎手の
京都金杯の成績です
2006年アルビレオ…3着
2007年サクラメガW…3着
2008年エイシンデP…1着
2009年騎乗なし
2010年ライブコンサート…1着
2011年ライブコンサート…3着
2012年サダムパティック…5着
2013年トライアンフM…2着


なんとサダムパティック以外
全て複勝圏内
サダムパティックも小差5着でしたので、ほぼ上位に持ってきています。岩田騎手の真骨頂は前行ってどんだけ粘りさせるか、ですので馬場とマッチするんでしょう

今年は藤原厩舎の
セイルラージに騎乗します
岩田×藤原厩舎はいかにも勝負な気がしますし、京都は走るこの馬は、必ずしなければならない1頭ですね


中山金杯
オーシャンブルー…ベリー
カルドブレッサ…藤岡佑
クラウンレガーロ…三浦
ケイアイチョウサン…横山典
コスモファントム…丹内
サクラアルディート…内田
サムソンズプライド…田辺
セイクリッドバレー…津村
ゼロス…国分恭
ディサイファ…四位
ドリームヒーロー…丸山
マックスドリーム…石橋
ミッキーパンプキン…未定
モンテエン…柴田善
ユニバーサルバンク…戸崎
レインスティック…武士沢

京都金杯とは違い、ちょっと微妙なメンバーな気がする今年の中山金杯。


有力所ならディサイファでしょうか。前走福島記念では強引にまくって僅差4着。四位騎手が福島で騎乗するなんて、この馬に期待している以外に考えられないです。破れはしましたが、メンバー手薄なここなら、負けられない一戦でしょう


伏兵候補なら
間違いなく逃げ馬

過去8年の逃げ馬の成績
2006年メジロM5着
2007年シャドウゲイト…1着
2008年メイショウR…3着
2009年ミヤビランベリ…3着
2010年サニーサンデー6着
2011年モエレB…4着
2012年エーシンG…4着
2013年ドリームS…4着

2010年以外は全て掲示板に載っています。そのサニーサンデーも勝ち馬から1馬身差の僅差6着ですから、最後まで粘っているのがわかります。


先行馬が有利なのはわかりますが逃げ馬にここまでの結果を出されたら買わない手はないでしょう


ならば、今年の注目馬は間違いなくこの馬。全5勝は全て逃げて勝っており、前走も楽勝。中山変わりもプラスで、来月末に定年を迎える調教師の為にも


一発あっても不思議ではない1頭です